日本人海外運用

ドイツからの日本人の運用情報

Gm-flag.png
「JO2SLZ Ham Radio Blog」の記事によると、同Weblogの筆者である平松OMは、10月18日~10月23日の間に、ドイツのBielefeld市から運用を行うそうです。
なお、運用は、同市で開催されるHST(High Speed Telegrafie)競技に参加する合間に行われるそうで、現地で使用するコールサインはDL/JO2SLZ

バルコニーから5m長のアンテナ用竿とHF100wリグでCW中心に運用の予定です。

との事です。
詳しくは上記のリンク先をご覧ください。
#現地で端末が使用できれば、平松OMのTwitterで運用情報が伝えられるとの事です。

関連記事

  1. A52AMはDXCCに有効
  2. 米国・オレゴン州からの日本人の運用情報
  3. 堀江謙一さん(JR3JJE)が「SUNTORY マーメイド2号」…
  4. スプラトリー諸島DXペディション(9M4SDX)の状況
  5. BN0F、BU2/JJ1TBBが帰国
  6. ケイマン島、ジャマイカからの日本人の運用情報
  7. VK9X DX Vacation 2011(続報)
  8. 日本人を含む国際チームによる南沙諸島(スプラトリ諸島)からの運用…

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. 10GHz帯の交信距離の世界記録が更新
  2. JARL奈良県支部が「青少年のための科学の祭典2007」奈良大会にブースを出展
  3. 関西VHFコンテスト
  4. JARLの平成16年実施の選挙について
  5. アマチュア局総数最新データ
PAGE TOP