非常通信

JARL「被災地にむけてハンディー機150台の搬送を開始しました」

JARLのサイトに、下記のリリースが出ています。

 メーカー各社のご協力を得て調達いたしました144/430MHz帯ハンディートランシーバー300台のうち、まず150台を次のとおり被災地にむけ搬送を開始しました。

 仙台に学習センターをもつ学校法人星槎(せいさ)グループのご協力を得て、仙台市宮城野区にある同校学習センターへ、ハンディー機100台と電池を搬送していただくことになりました。 同学習センターを経由して、JA7AIW 山之内JARL東北地方本部長に無線機が届けられ、被災地のアマチュア局への貸与が開始されます。

 また、オートバイの機動力とアマチュア無線の多様性を活用し災害救援活動等をおこなっている、つくば市のNPO法人茨城レスキューサポートバイク(IRB)の協力で、岩手県と宮城県の被災地のアマチュア局にハンディー機50台を近日中に届けていただく予定です。

関連記事

  1. 【中越地震関連】小国のレピータが稼働しました
  2. 【スマトラ島沖地震関連】Amateur Radio “…
  3. Amateur Radio Saves Life of Alas…
  4. 【スマトラ島沖地震関連】RADIO HAMS ANSWER CA…
  5. 岩手日報「災害通信に無線の力 久慈ラジオクラブ」
  6. JARL和歌山県支部「2005非常通信訓練」
  7. 関学大生14人遭難、アマ無線で救助支援
  8. ICOMがハリケーン「カトリーナ」の被災地域に無線機を寄贈

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. JLRS 第36回 パーティーコンテスト(電信部門)
  2. JARL鹿児島県支部「ハムログ講習会」
  3. 関西アマチュア無線フェスティバル「コンテスト実践講座」
  4. 「第48回 ALL ASIAN DXコンテスト」の結果が発表
  5. RXCLUS Ver8.3がリリース
PAGE TOP