非常通信

JARL「被災地にむけてハンディー機150台の搬送を開始しました」

JARLのサイトに、下記のリリースが出ています。

 メーカー各社のご協力を得て調達いたしました144/430MHz帯ハンディートランシーバー300台のうち、まず150台を次のとおり被災地にむけ搬送を開始しました。

 仙台に学習センターをもつ学校法人星槎(せいさ)グループのご協力を得て、仙台市宮城野区にある同校学習センターへ、ハンディー機100台と電池を搬送していただくことになりました。 同学習センターを経由して、JA7AIW 山之内JARL東北地方本部長に無線機が届けられ、被災地のアマチュア局への貸与が開始されます。

 また、オートバイの機動力とアマチュア無線の多様性を活用し災害救援活動等をおこなっている、つくば市のNPO法人茨城レスキューサポートバイク(IRB)の協力で、岩手県と宮城県の被災地のアマチュア局にハンディー機50台を近日中に届けていただく予定です。

関連記事

  1. 「かながわアマチュア無線非常通信ネットワーク」ロ-ルコ-ル
  2. JARL新潟県支部による、中越地方大地震に関する情報ページ
  3. JARL「中華人民共和国の四川省大地震に伴う非常災害通信について…
  4. 【スマトラ島沖地震関連】Amateur Radio “…
  5. 【スマトラ島沖地震関連】More on the role pla…
  6. JARL長野県支部「長野県内非常無線通信訓練」
  7. 徳島大学地域防災無線研究会(JR5YAU)「アマチュア無線局の体…
  8. 戸塚クラブが「戸塚区内医療・介護施設間通信試験」に参加

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. 日本人によるニウエ(ZK2)からの運用情報
  2. 北海道新聞「アマ無線人気再燃 資格取得5年で3割増」
  3. 日本人を含むチームによるイラクDXペディション(続報)
  4. 熊谷OM(JE1CKA)主催「私的総会前夜祭 in 仙台」
  5. Youngham Chances on the Kindling(若年無線家の活性化支援)計画
PAGE TOP