製品情報

東京ハイパワーのオートアンテナチューナー「HC-1.5KAT」が発売開始

hc1_5kat.png
「CQオームのアマチュア無線NEWS」の記事によると、(株)東京ハイパワーは、短波帯の耐入力1.5KWのオートアンテナチューナーである「HC-1.5KAT」(写真)の発売を開始したそうです。
同記事によると、この製品は、

・HL-1.5KFX、HL-2.5KFXと組み合わせることにより、無線機とアンプからのバンドデータ信号によって周波数が自動的に切替わる、オート機能付です。 ( バンド設定のみ 手動で行えば 他のリニアアンプとも組合せ 使用可能です)
・通常1秒以下でのチューニングが可能です。 (最大2.5秒) 整合範囲はSWR 4以下(1.8、3.5、28MHzは3以下)です。
・二つの大型高耐圧バリコン(3kV 200pF)を採用し、高速ステッピングモーターにより整合をとります。(T型整合回路)

などの特徴があるそうで、東京ハイパワーのサイトによると、お値段は165900円(税込)と言う事です。
詳しくは上記のリンク先をご覧下さい。

関連記事

  1. CQ出版社がアマチュア無線関連書籍の新刊を発売
  2. LDG Electronics「DM-7800」
  3. 第一電波工業 新型3.5/7MHz帯GPアンテナ「CP8040」…
  4. uniHAM製小型パドル「UNI-730」の使用レポート
  5. エレクトロデザイン社 フォース12アンテナ体感セール
  6. N1MM Free Contest Logger Ver13.0…
  7. ICOM 新型D-STARハンディトランシーバー「ID-31E」…
  8. COMET CHA250Bxの使用感

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. CQ出版社「実用アンテナ製作スタイルブックHF編」
  2. 「関西ハムシンポジウム2010」への参加レポート
  3. JARL Web「News Flash」が更新
  4. 「第21回 DXを肴にして語る会」の参加レポート
  5. Baldur’s (DJ6SI) final act.
PAGE TOP