製品情報

東京ハイパワーのオートアンテナチューナー「HC-1.5KAT」が発売開始

hc1_5kat.png
「CQオームのアマチュア無線NEWS」の記事によると、(株)東京ハイパワーは、短波帯の耐入力1.5KWのオートアンテナチューナーである「HC-1.5KAT」(写真)の発売を開始したそうです。
同記事によると、この製品は、

・HL-1.5KFX、HL-2.5KFXと組み合わせることにより、無線機とアンプからのバンドデータ信号によって周波数が自動的に切替わる、オート機能付です。 ( バンド設定のみ 手動で行えば 他のリニアアンプとも組合せ 使用可能です)
・通常1秒以下でのチューニングが可能です。 (最大2.5秒) 整合範囲はSWR 4以下(1.8、3.5、28MHzは3以下)です。
・二つの大型高耐圧バリコン(3kV 200pF)を採用し、高速ステッピングモーターにより整合をとります。(T型整合回路)

などの特徴があるそうで、東京ハイパワーのサイトによると、お値段は165900円(税込)と言う事です。
詳しくは上記のリンク先をご覧下さい。

関連記事

  1. 八重洲無線(株)が新型HF/50MHz帯トランシーバ「FT DX…
  2. アマチュア無線応援団キャリブレーションが「Hoi’P…
  3. イタリアのリニアアンプメーカー
  4. (有)エイブルがミニパドル「MN-003」を発売
  5. miniVNA – HF & VHF An…
  6. N1MM Free Contest Logger Ver12.0…
  7. N1MM Free Contest Logger Ver10.5…
  8. CQ出版社がアマチュア無線関連書籍の新刊を発売

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. 山口県萩市の見島からの運用情報
  2. JA5XWB/Blog「5万アクセス突破!・・・感謝祭」
  3. 北マリアナ諸島のテニアン島からの日本人の運用情報
  4. CQ誌6月号の感想
  5. ICOM IC-7700のファームウェアがバージョンアップ
PAGE TOP