衛星通信

Amateur Radio Satellite AO-16 reconfigured

SOUTHGATE Amateur Radio Clubのニュースによると、1990年1月22日に打ち上げられ、地球軌道上で18年を迎えたアマチュア衛星AO-16(PACSAT)が、FM>SSBトランスポンダ衛星として生まれ変わったそうです。
この衛星は、宇宙空間における、store-and-forwardファイルサーバーとして製作されたデジタル衛星だそうですが、搭載コンピュータシステムが故障し運用停止が議論されていたところ、受信機と送信機を直結するコマンドの実行に成功し、音声トランスポンダとして動作可能となったとの事です。
なお、現在の所、特に衛星の運用制限はされていないとの事ですが「必要最小限の電力での使用を心がけて欲しい」と言う事です。
詳しくは上記のリンク先をご覧ください。
#JARLのサイトの「News Flash」にARRLによるリリースの邦訳が掲載されています。FMアップリンク、SSBダウンリンクの衛星ですが、送信がFMですので比較的簡単に利用できるようですね。

関連記事

  1. Astronaut Completes WAC+ from NA…
  2. 埼玉県狭山市柏原ARISS実行委員会によるARISSスクールコン…
  3. Working AO-51 Calls for Courtesy…
  4. AO-40にかすかな生存の望み
  5. 福井県小浜市におけるARISSスクールコンタクトが成功
  6. 札幌の児童ら「宇宙」と交信
  7. ESA announces SSETI Express tele…
  8. ISSスクールコンタクト情報

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. CQ誌11月号の感想
  2. 新潟県南魚沼市(JCC #0826)からの運用情報
  3. CQ出版社「ひとつ上のハムログ活用」
  4. 神奈川県中郡大磯町(JCG #11006)からの運用情報
  5. 米国領ヴァージン諸島(KP2)からの日本人の運用情報
PAGE TOP