DX運用情報

日本人によるロード・ハウ島(VK9)からの運用情報

 NG3K Amateur Radio Contest/DX Pageによると、内田OM(JA1XGI)は、10月19日~22日に、オーストラリアのロード・ハウ島(VK9)より運用を行うそうです。

 なお、現地で使用するコールサインはVK9GLX、運用する周波数帯は40、30、20m帯(と出来ればローバンド)になるそうです。

 詳しくは上記のリンク先をご覧下さい。

 Picture from Wikipedia.

この件は、先日もお伝えしております。

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. Swains Island DXpedition
  2. サイパン(KH0)からの日本人のQRV情報
  3. インドからの日本人の運用情報
  4. 台湾からの日本人の運用情報
  5. パナマ共和国からの日本人の運用情報(続報)
  6. 泉OM(JJ8DEN)による、ニュージランドのチャタム島からの運…
  7. 斉藤OM(JA8VE)と松井OM(JA1JQY)によるバヌアツか…
  8. Clipperton Island(FO0)DXペディション

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. 九州6mサイドバンドグループ(KSSG)「第30回 2008ミーティング」
  2. 山本OM(JA1DFK/JF6OJX)が、中国華南省の特別局よりCQ WW SSBコンテストに参加
  3. California QSO party celebrates 40th anniversary this year
  4. コンテストログソフト「CTESTWIN」がバージョンアップ
  5. ICOM D-STAR対応1.2GHzトランシーバー「ID-1」の説明会
PAGE TOP