ソフトウェア

WSJT Ver.5.9.7がリリース

 「JE1LFX’s Weblog」の記事によると、Joseph H Taylor jr博士(K1JT、1993年度ノーベル物理学賞受賞者)によって考案された、EMEなどの微弱信号における通信を行うためのソフトウェア「WSJT」のVer.5.9.7がリリースされたそうです。

 なお、詳しくは上記のリンク先をご覧下さい。

WSJTは本来EMEなどの微弱な信号下における通信を目的としていましたが、最近は短波帯でも運用が行われているようです。6月2日~10日に開催される「第1回 デジタルQSOパーティー」にも、WSJT部門が設けられているようですね。

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. (有)エイブルが携帯用ミニパドルを発売
  2. 「東海QSOコンテスト」「大都市コンテスト」の「zLog」用定義…
  3. LDGの高耐入力オートアンテナチューナー「AT-1000」
  4. 運用地別集計ソフト「CQHLQRV」
  5. Logger32のVer3.12.4がリリース
  6. ICOM IC-7700のファームウェアがバージョンアップ
  7. CW送受信ソフトウェア「Digital Sound CW(DSC…
  8. エフアール・ラジオラボ「EHアンテナ バージョン・アップ サービ…

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. 高槻市立日吉台小学校ARISSスクールコンタクト臨時局 8N3Aが運用を開始
  2. TurboHAMLOGのVer5.10aが公開
  3. CQ誌4月号の感想
  4. 【訃報】千葉さん(JA1MFO)がサイレントキーに
  5. 山口県防府市のレピータ(JR4WY)に430MHz帯のD-STAR DVモードが増設
PAGE TOP