製品情報

Vertex Standard FT-450は5月に発売予定の模様

450.png
先日お伝えしましたVertex Standardの新型HF/50MHz帯トランシーバーであるFT-450(写真)ですが、「CQ CQ CQ de JA6JCL」の記事によると、日本国内での定価は148000円、発売は5月が予定されているそうです。
なお、詳しくは上記のリンク先をご覧下さい。

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. US-CQ社発行ハムカレンダーの共同購入のお誘い
  2. 八重洲無線(株)の新型144/430MHz帯 デジタル/アナログ…
  3. FUNcube Dongle Pro+ LF/MF/HF/VHF…
  4. イタリアのリニアアンプメーカー
  5. ケンウッドの新型トランシーバ「TS-590」のインプレッション
  6. コメットからHF帯モービルホイップアンテナの新シリーズが登場する…
  7. (株)サムウエイ 135KHz送信機「TX2200A」
  8. N1MM Free Contest Logger Ver7.11…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • JH0RNN
    • 2007年 4月 14日

     なんか、こういっちゃなんだけど痛々しいデザインのリグですね^^;
     比較的八重洲は多く在庫していますが、食指が動きそうにないなこれは(汗

  1. 今晩は。
    >痛々しいデザインのリグですね^^;
    あら、そうですか?。私は結構、こう言うデザイン好きだけどなぁ(笑)
    #多分、あまり日本国内を意識したデザインではなく、直接的なライバル機種はICOMのIC-718(日本国内未発売)なんじゃないかなと言う気もします。
    http://www.icomamerica.com/products/amateur/718/
    ↑IC-718

    • JI1ALP 深井
    • 2007年 4月 15日

    Bar-Graph メーターまわりはFT-2000のノウハウも継承しているようですね。
    スペックとしては
    10 kHz Roofing Filter
    400 MHz built-in IF DSP
    500 Regular Memories
    あたりが気になります。
    6mで使ってみたいなぁ。

  2. 深井さん、おはようございます。
    私は、ATU(別売ですが)が内蔵可能と言う所が気になっています。
    #実機を見て、調子が良さそうでしたら、FT-897Mを売り払って、これを移動用に買おうかな(笑)

    • JH0RNN
    • 2007年 4月 15日

     こんにちは。
     まぁ実物を見てみないと何とも言えないけど、私は苦手な感じのデザインです。
     最もFT-1000MPなんかも最初はおもちゃっぽいな。。。と敬遠していたのが、いまじゃmark-Vがメインの一翼を担っていますから慣れなのかもしれません。
     紹介されているIC-718の対抗馬と言うのは案外当たっているかも知れませんね。雰囲気は似てるな。。
     国内ではTS-480あたり?値段からいって。。。

  3. おはようございます。
    >最初はおもちゃっぽいな。。。
    う~ん、私はFT-1000MPを見たときに「無線機らしいデザインだなぁ」と思ったのですが、やはりこの辺は、どこの時代の無線機に思い入れがあるかによって、感覚が違うのかも知れませんね。
    >国内ではTS-480あたり?
    雰囲気を考えなければ、対抗馬は、ICOMではIC-7000(orIC-7400)、KENWOODではTS-480になるんでしょうね。
    #ただ、FT-450に対応する中堅機種は、厳密に言うと現在は他社に存在しないような気もします。

    • JH0RNN
    • 2007年 4月 16日

     こんにちは。
     1000MPのデザイン自体は無線機らしいと私も思っています。ただ、それまで比較的つまみやスイッチ類はこのクラスの無線機は丈夫そうな高級感のあるものが多かった中で、パネル同様の黒い素材で作られていること、ディスプレイの色がそれまで八重洲機にあったアンバー色と言うよりはオレンジ色や緑といった配色になっていて、最初の印象はなんかあまり良くなかったんですよ。^^;
     実物をいじってみて気が変るのは良くあることだし、見てくれは元々そう気にする方ではないのでシャックに飾ることがあるかもしれません。
     何せ値段的は買えそうなリグですからねHi
     後発の無線機の方が性能が良いし有利であることは間違いないですからねぇ。
    #なんか引っ張ってしまいましたね(汗 

  4. おはようございます。
    今朝某ショップのメルマガで情報が流れましたが、FT-450は「ビギナーやアマチュア無線再開者が、気軽にHF帯や50MHzでの交信を楽しむことが出来るエントリー機種を」と言うコンセプトだそうですね。
    #と言う事は、やはりIC-718と同じコンセプトなのかも知れません(ただし、IC-718よりかなり高機能(かつ高価格)なリグですが(笑))。
    >丈夫そうな高級感のあるものが多かった
    それは確かにそうですよね。特にバブル時代に作られたFT-1000(FT-1021)、TS-950SDX、IC-780は、現代では製作不可能なほど高級部品を使っていると聞いています。
    #FT-1000は、今作ったら200万円くらいで販売しないとコストが合わないそうで(汗)
    >買えそうなリグですからねHi
    あはは、確かにそうですよね。IC-7000ではディスプレイが小さくて苦しいけど、この価格帯のIF-DSP機が欲しいと言う方には、良い選択肢になるかも知れません。
    #ICOMがIC-7400mkII(海外では、IC-746ProIIになるのかしらん)とかを出して、対抗してくれないかなぁ(笑)
    >なんか引っ張ってしまいましたね(汗
    いえいえ、また宜しくお願いします。

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. アベス島(YV0)DXペディション続報
  2. JARL岐阜県支部コンテスト委員会「オール岐阜コンテスト」
  3. JARL QRPクラブの国際QRPデー記念局は2008年は開設されない模様
  4. 茨城県神栖市(JCC #1432)からの運用情報
  5. 第16回 ハムミヤLet’s50/144/430MHz QSOコンテスト
PAGE TOP