海外ニュース

Rebekah Dorff, WG4Y, is Amateur Radio Newsline’s Young Ham of the Year

ARRLのサイトのニュースによると、Amateur Radio Newslineによる、今年のYoung Ham of the Year(YHOTY)は、米アラバマ州HooverのRebekah Dorffさん(WG4Y、12歳)に決定したそうです。
Rebekahさんの受賞理由は、

1)Toy Drive(アラバマ州に多大なる被害を与えたハリケーン(Ivan)で被災した子供たちにおもちゃ等を贈った、アマチュア無線家による活動)に、ARRL Assistant Section Manager for Youthとして多大なる貢献を行った。
2)Birmingham Amateur Radio Club (BARC)のweekly BARC Kids Netを2002年に開始し、それ以来ネットコントローラーを努めている。
3)所属クラブのアマチュア無線講習会のアシスタントを務め、さらにVEによるアマチュア無線ライセンス試験のアシスタントも行っている。
4)アマチュア無線へのニューカマー勧誘の力になっている。

などだそうです。
また、9歳でExtra級のライセンスを取得したRebekahさんは、10歳(!)までにDXCCを達成しているそうで、さらにAlabama QSO Party、ARRL 160-Meter Contest、CQ World Wide WPX Contest、CQ World Wide DX Contestなどのコンテストにも、アクティブに参加しているそうです。
なお、今回の受賞の副賞として、米Vertex-Standardから授賞式が行われるHuntsville Hamfestへの滞在費用とYaesuの無線機材、米CQ MagazineからSpace Camp Huntsvilleへの一週間の滞在と、CQ Magazine社の各種製品が贈られるそうです。
詳しくは上記のリンク先をご覧下さい。
#翻訳の都合上かなり略しましたが、Rebekahさんは他にも様々なアマチュア無線に関する活動をしているそうです。スーパー小学生ハムですね。筆者(7J3AOZ)はまいっちゃいました(笑)

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. ARRL member heads to Jeopardy &#…
  2. First 47-GHz moonbounce QSOs ann…
  3. FCC fines retailer for selling n…
  4. The Amateur Radio Crossword Puzz…
  5. 上野OM(JI1FGX/DU9)がフィリピンに29MHz・FMレ…
  6. 「DX Summit」がリニューアル
  7. 猫のいる無線機屋さん
  8. The Republic of South Sudan Is N…

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. 八王子市市制施行90周年記念局 8J1H
  2. St Dunstan’s Amateur Radio Society30周年記念局 GB30STD
  3. JARL長野県支部 地区研修会「FM理論と感度について」
  4. CQ出版社「CQ ham radio」の2016年9月号がまもなく発売
  5. 三重県志摩市 横山島、間崎島からの運用情報
PAGE TOP