書籍

73 Magazine Says ’73 and QRT’

 eHAM.netに転載されたThe ARRL Letter, Vol 22, No 40によると、1960年10月より43年間の長きにおいて出版されていた「73 Amateur Radio Today magazine」が、資金不足に陥ったため、2003年9月号を最後に休刊する事になったと、米73誌の創設者のWayne S. Green IIさん(W2NSD)が発表したそうです。

 雑誌の人気のピーク時の1970年代から1980年代にかけては、広告、記事およびコメントで300ページ以上のボリュームがあったそうですが、Greenさんが他の分野のエッセイに夢中になりだした(陰謀説とかAIDSやガンの治療法についてとからしいですが)頃から、人気が落ちていったようですね。

 もちろん、アメリカのアマチュア無線人口が、ピーク時より少なくなっているのも原因の一つだと思います(但し、近年また増加傾向にあるのは、日本と違うところです)。

 しかし、日本でもモービルハム誌が休刊になったり、CQ誌がかなり薄くなったりしている訳で、全然人ごとではない所が、ちょっと悲しいですが。

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. CQ出版社「特選 ハムのアンテナ製作集」
  2. KENWOODがD-STAR対応トランシーバーを発売か?
  3. (株)アサップシステム モールス解読器「AS-CW1」がバージョ…
  4. N1MM Free Contest Logger Ver13.0…
  5. CQ誌9月号の感想
  6. N1MM Free Contest Logger Ver12.0…
  7. CQ出版社「コンパクト・アンテナの理論と実践[入門編]」
  8. CQ出版社「簡単BCL入門」

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. Astronaut Chiao goes out on top
  2. 当ニュース左サイドバーの「好きな無線機メーカーは?」アンケートの結果
  3. オランダ・ナイメーヘン市制2000年記念局 PA2000N
  4. N1MM Free Contest Logger Ver7.12.21
  5. 島根県浜田市(JCC #3202)からの運用情報
PAGE TOP