海外ニュース

FCC Corrects Call Sign Goof

ちょっと気の毒なアメリカのハムのお話です。
eHam.netのThe ARRL Letter, Vol 23, No 05からの転載によると、気の毒な話の主人公はRichard L. Smithさん(KG4UKV、exKC4USH)です。
Smithさんは2002年の8月に、KC4UKVからバニティコールサイン制度(米国では、好きなコールサインをそのコールサインが使用されていなければ、申請して取得する事が出来ます)を利用して、KC4USHに変更を申請し、FCCはその申請を許可したのですが、その後、このコールサインを含むコールサインブロック(KC4USA-KC4USZ)は、海軍の南極ステーションにおけるアマチュア局(Department of the Navy for the use of amateur stations at US Navy Antarctic stations)に対して予約されていると言う事が判明したそうです。
FCCはSmithさんに、このコールサインの使用許可の取り消しを通知したそうですが、Smithさんは、「このコールサイン(KC4USH)は、私の父親が南極のCape Hallett Stationで行われた”Operation Deep Freeze 60″に参加した時に使用したコールであり、また、現在このコールサインが割り当てられているかどうかを調べるために、私は多額の費用を費やした。さらに、このコールは海軍によっても、ここ30年間は使われていない」として、FCCに抗議したそうです。
しかしながら、FCCは「このコールサインの割り当てを修正する事は、公益に役立つ」と判断し、結局Smithさんは元のコールサイン(KG4UKV)に戻ることになったそうです。
なお、FCCの担当官は「このミスが、Smithさんに与えた全ての不利益に対して謝罪しますが、FCCがこの種の問題を再発させないためにも、今回の修正は必要でした」と修正命令書に付け加えていたそうです。
#う〜ん、役所の手違いは実はよくある話なんですが、気の毒な話ですね。ちなみに私も、上級免許の発給を受けるときに某担当役所のデータ入力ミスで、「免許発給不適格者」と判断されてしまいまして、えらく苦労した覚えがあります(言い回しが微妙なのはご勘弁を(笑))

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. 500 kHz distance record broken a…
  2. Hendricks QRP Kitsが7月末まで休業
  3. LF Experiments from Oklahoma
  4. カナダのアマチュア無線資格試験におけるCWの撤廃に関する動向
  5. Listen to GB2RS on your iPod
  6. 米国の呆れた男(続報)
  7. 104 year-old Radio Ham celebrate…
  8. New Amateur Radio Regulations In…

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. JARL東京都支部「東京都支部賞」に6000局賞が追加
  2. JARL第49回通常総会「晴れの国 おかやま総会」の第1号、第2号議案がWebで公開
  3. JARL山梨県支部「ニューオペレーターズ・セミナー」
  4. CW界のフェラーリ(?)
  5. 第一電波工業(株) 3.5/7MHz帯V型ダイポールアンテナ「HFV8040」
PAGE TOP