JARLより「第10回定時社員総会の委任状及び議決権行使書閲覧・謄写請求について」が社員に送付された模様

(一社)日本アマチュア無線連盟(JARL)より、同連盟会長の高尾さん(JG1KTC)の名義で「第10回定時社員総会の委任状及び議決権行使書閲覧・謄写請求について」(下記画像)が、JARL社員のみなさんに郵送で送付されたそうです。

JARLの社員選挙において、どの社員がどういう投票行動を社員総会で行ったかの情報が無いと、会員の社員立候補者への投票における判断が困難になります。

このJARL社員あて文書の問題点は、現在の執行部が、会員に「社員による投票行動とその結果」に関する情報を、できる限り秘匿しようとしている姿勢が表れていると言うことです。

正常な団体の運営には情報の透明性が不可欠なのは、言うまでも無いことだと筆者は考えていますし、JARL社員のみなさんには、JARL社員総会における自身の投票行動を、広く公開することをお願い申し上げます。

なお、この文書の入手先の問い合わせには、ニュースソースの秘匿の原則から一切お答えできません。
この記事を書いた人
7J3AOZ

プログラマーズ・ワークショップ代表。伊丹アマチュア無線クラブ(JL3ZGR)会長。コールサインは7J3AOZ、KI4KKI、ex4S7AQG。中学校2年生で第四級アマチュア無線技士資格(当時は電話級)を取得。アマチュア無線歴42年(中断期間あり)。某ニュース元エディター。QRVnow.comエディター。

7J3AOZをフォローする
JARL関連ニュース
シェアする
QRV now!