ハムラジオ大雪クラブ主催「2021 44 ASAHIKAWA CONTEST」

「ハムラジオ大雪クラブ」のサイトによると、同クラブは、下記の日程で「2021 44 ASAHIKAWA CONTEST」(通称;オール旭川コンテスト)を開催するそうです。

開始日時2021年6月12日(土)21:00
終了日時2021年6月13日(日)15:00

このコンテストの呼び出しは、電話が「CQ 旭川コンテスト」、電信が「CQ HRTC TEST」、得点は、

① 9点 M(メンバー)局との交信(M局は全国に居られます
② 9点 旭川市内で運用する局との交信(移動も可
③ 6点 旭川市内を除く北海道内で運用する局との交信(移動も可
④ 3点 国内で運用する局との交信(移動も可

とのことで、コンテストナンバーは、

①RST符号によるシグナルリポートと運用地のJCC 、JCGナンバー を交換する
JCCの区ナンバーは東京都だけですので注意
②HRTCクラブ員並びにメンバー局は、RST+JCC又はJCG+M(メンバー)を付ける

となり、マルチプライヤーは、「各バンド内の異なるJCC or JCGナンバーの数」となるそうです。

なお、ルールなどの詳細はリンク先をご覧ください。

JARL主催の「全市全郡コンテスト」に近いルールの全国規模コンテストのようですが、得点の差で旭川市や北海道の局がモテる(笑)ように考えられているようですね。一般的なローカルコンテストでは、対象地域内の局と交信しないと得点にならないため、地域内での運用局が少ないと、他の地域の運用局のオペレータがやや退屈してしまいます。このルールはみんなが楽しめて良いのではないかと、筆者は思います。
この記事を書いた人
7J3AOZ

プログラマーズ・ワークショップ代表。伊丹アマチュア無線クラブ(JL3ZGR)会長。コールサインは7J3AOZ、KI4KKI、ex4S7AQG。中学校2年生で第四級アマチュア無線技士資格(当時は電話級)を取得。アマチュア無線歴42年(中断期間あり)。某ニュース元エディター。QRVnow.comエディター。

7J3AOZをフォローする
国内コンテスト
シェアする
QRV now!

コメント