関西アマチュア無線フェスティバル 2021の出展者募集が開始

コロナウィルス感染予防の観点から、2021年7月17日(土)・18日(日)にオンラインでのバーチャル開催となった「関西アマチュア無線フェスティバル」のサイトによると、同イベントの出展者募集が開始されているようです。

なお、ブースの出典料金は1000円、同イベントの「KANHAM2021出展要項」(PDF)によると、ブースの出展は、出展者が同イベント専用のWebページを作成し、メイン会場となる実行委員会作成のWebサイトからリンクされる形で行われるそうで、出展の受付期間は2021年6月15日(火)までとなるそうです。

なお、詳しくはリンク先をご覧ください。

(6月25日追記)
「関西アマチュア無線フェスティバル実行委員会」からの連絡によると、ステージイベントなどが増加したため、下記のように日程が変更されたそうです。

2021年7月17日(土) 10:00~17:00
2021年7月18日(日) 10:00~16:00

すでに、5月15日から募集は開始されていました。出展される方は、申し込み締切の期日が迫っていますのでお急ぎ下さい。
この記事を書いた人
7J3AOZ

プログラマーズ・ワークショップ代表。伊丹アマチュア無線クラブ(JL3ZGR)会長。コールサインは7J3AOZ、KI4KKI、ex4S7AQG。中学校2年生で第四級アマチュア無線技士資格(当時は電話級)を取得。アマチュア無線歴42年(中断期間あり)。某ニュース元エディター。QRVnow.comエディター。

7J3AOZをフォローする
関西アマチュア無線フェスティバル
シェアする
QRV now!