ニュース

ARRL「Amateur 47 GHz Allocation Avoids 5G Juggernaut in the US for Now, Worldwide Defense Continues」

 ARRLのサイトのニュースによると、米国では、47GHz帯のアマチュアバンド(47〜47.2GHz)において、アマチュア無線が1次業務として割り当てられている状態が守られたと言うことです。

 これは、FCCが今年の初めから検討していた、2019年に行われる世界無線通信会議(World Radio Conference 2019,WRC-19)の議題のひとつである「第5世代移動通信システム(5G)」に割り当てが要求されている周波数帯(現段階では24.25~86GHzが要求されている)に関して、24.25GHzから上の11GHzのバンド幅を「免許が必要な無線局」と「免許が必要ない無線局」の共用を許可することが「5Gサービスの可能性を開く鍵である」としながらも、47GHz帯に関しては、アマチュアバンド(47〜47.2GHz)を外した47.2〜50.2GHzを利用すると言う結論を出したことによるものだそうで、ARRLのChief Technology OfficerであるBrennan Priceさん(N4QX)は「アマチュア無線の許可されているマイクロ波帯のほとんどは、アマチュア無線が2次業務となっていますが、47GHz帯のアマチュアバンドはアマチュア無線が1次業務である貴重なバンドなので、各国のアマチュア無線連盟はIARUと協力して、このバンドの防衛にあたってほしい」と語っているそうです。

 なお、詳しくは上記のリンク先をご覧ください。

日本経済新聞の記事(「次世代通信5Gの周波数、日本案通らず 世界無線通信会議」)によると、

日本は産業界の意向を反映して6ギガヘルツ以上も対象にするよう求めたが、既に衛星通信などに利用している国も多く、賛同を得られなかった。

とのことです。なんだかな(苦笑)

なお、ジャガナート (juggernaut) の意味はこちらを。

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. 福島県郡山市のレピータ(JR7WM)に430MHz帯のD-STA…
  2. アイコム(株)のWebマガジン「週刊BEACON」がリニューアル…
  3. Two New 5MHz Beacons Soon
  4. Backward sunspot heralds start o…
  5. The Times – Morse is Dead
  6. This Week in Amateur Radio Inter…
  7. 世界最長のコールサインを持つアマチュア無線局が開設
  8. Where Are All The Hams?

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. JARLとして検討している支援等について
  2. 財団法人日本無線協会のWebサイトのURLが変更に
  3. 群馬県安中市(JCC #1611)、富岡市(JCC #1610)からの運用情報
  4. 中越地震非常通信ボランティア事前登録のお願い
  5. BegaliのSimplex
PAGE TOP