ニュース

ARRL「Amateur 47 GHz Allocation Avoids 5G Juggernaut in the US for Now, Worldwide Defense Continues」

 ARRLのサイトのニュースによると、米国では、47GHz帯のアマチュアバンド(47〜47.2GHz)において、アマチュア無線が1次業務として割り当てられている状態が守られたと言うことです。

 これは、FCCが今年の初めから検討していた、2019年に行われる世界無線通信会議(World Radio Conference 2019,WRC-19)の議題のひとつである「第5世代移動通信システム(5G)」に割り当てが要求されている周波数帯(現段階では24.25~86GHzが要求されている)に関して、24.25GHzから上の11GHzのバンド幅を「免許が必要な無線局」と「免許が必要ない無線局」の共用を許可することが「5Gサービスの可能性を開く鍵である」としながらも、47GHz帯に関しては、アマチュアバンド(47〜47.2GHz)を外した47.2〜50.2GHzを利用すると言う結論を出したことによるものだそうで、ARRLのChief Technology OfficerであるBrennan Priceさん(N4QX)は「アマチュア無線の許可されているマイクロ波帯のほとんどは、アマチュア無線が2次業務となっていますが、47GHz帯のアマチュアバンドはアマチュア無線が1次業務である貴重なバンドなので、各国のアマチュア無線連盟はIARUと協力して、このバンドの防衛にあたってほしい」と語っているそうです。

 なお、詳しくは上記のリンク先をご覧ください。

日本経済新聞の記事(「次世代通信5Gの周波数、日本案通らず 世界無線通信会議」)によると、

日本は産業界の意向を反映して6ギガヘルツ以上も対象にするよう求めたが、既に衛星通信などに利用している国も多く、賛同を得られなかった。

とのことです。なんだかな(苦笑)

なお、ジャガナート (juggernaut) の意味はこちらを。

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. カナダのアマチュア無線資格試験におけるCWの撤廃に関する動向
  2. Europe’s HAM RADIO 2006 se…
  3. 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)が新しいWebサ…
  4. 中国・北京「アマチュア無線で徘徊老人を保護」
  5. 「オーロラの彼方へ」が「テレビ朝日」で放送
  6. AMATEUR RADIO OPERATORS UNDETERR…
  7. International Radio(INRAD)の元旦特別セ…
  8. 福島県郡山市のレピータ(JR7WM)からD-STAR設備が撤去

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. 関西アマチュア無線フェスティバル「自作名人 激集合」
  2. 「ウエダ無線」が「Whiterook Products Company」のミニCWパドルの販売を開始
  3. 池田市民アマチュア無線クラブ(JH3YKV)は「関西ハムシンポジウム2007 in伊丹」にブースを出展します
  4. 千葉県南房総市(JCC #1234)からの運用情報
  5. 堀江謙一さん(JR3JJE)記念講演会の事前登録が開始
PAGE TOP