DX運用情報

DXnews.com「VI6DH400 Dirk Hartog Island」

 「DXnews.com」の記事によると、Pavel Iliyashenkoさん(VK6NX)は、8月14日~18日に、オーストラリアの「Dirk Hartog島」(IOTA OC-206) から運用を行う計画だそうです。

 なお、この運用は島の名前の由来でオランダの探検家であるDirk Hartogさんがオーストラリアの西海岸に上陸してから400年であることを記念したもので、現地で使用するコールサインはVI6DH400、運用する周波数帯は40、30、20、17、15m帯、モードはCW、SSBとなるそうです。

 詳しくは上記のリンク先をご覧ください。

 photo from Wikipedia.

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. 「ADXA NEWS SHEET 871号」に掲載されたDX情報…
  2. Belgian club ‘on-air’…
  3. アンノボン島DXペディション(3C0C)は開始が遅延する模様
  4. ポーランド ボランティア消防隊120周年記念局 SN120OSP…
  5. 「ADXA NEWS SHEET 887号」に掲載されたDX情報…
  6. ブーベ島(3Y0)からの運用が行われる模様
  7. アベス島(YV0)DXペディション続報
  8. St. Brandon DXpedition(3B7C)のログサ…

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. CQ出版社「ビギナー・ハムのためのオペレーション・マニュアル」
  2. Results of the 44th (2003) All Asian DX Contest
  3. CQ Hamradio 5月号の「DXワールド」における訂正
  4. コンテストログソフト「CTESTWIN」の緊急サポート情報
  5. Astronaut Completes WAC+ from NA1SS
PAGE TOP