書籍

CQ出版社より「別冊CQ ham radio QEX Japan No.20」がまもなく発売

 「CQ出版社」のWebショップによると、「別冊CQ ham radio QEX Japan No.20」が8月19日に発売されるそうです。

 同サイトによると、この本の内容は、

 アマチュア無線の技術を取り上げる雑誌として定着しつつあるQEX Japan.No.20の特集は「アイコム HF/50MHzダイレクト・サンプリング機 IC-7300を徹底検証」を取り上げます.コンパクト機でありながら機能装備が豊富で,遠隔操作などの拡張機能も並外れたIC-7300.そのIC-7300を徹底的に検証しています.

 その他,保存版特集「アマチュア無線機のメインテナンスII」やVoIP通信入門「八重洲無線 WIRES-Xを始めよう」,「全国・電波ホットスポット探検隊」など,読者の皆さんが楽しめる記事をそろえました.

 ほかにも製作記事や解説記事が多数掲載されています.

 となるそうで、価格は1944円(税込)となるそうです。

 なお、詳しくは上記のリンク先をご覧ください。

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. アドニス電機のブーム型マイク(新製品)
  2. N1MM Free Contest Logger Ver11.0…
  3. HamNetのCanopy (キャノピー)
  4. 米SGC社の新型超軽量リニアアンプ「MINI LINI」
  5. CQ誌9月号の感想
  6. HAMCALC version 77
  7. Eleclaftがデイトンハムベンションで「KX3」を発表
  8. TEN-TEC新型QRPトランシーバ「Model R4030」、…

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. Victor Goonetilleke氏(4S7VK、RSSL会長)講演会
  2. Top 30 of ever best ham radio by IZ0KBA
  3. PLC電力線通信って何だ?「締切直前!10分で出来るパブリックコメント提出」
  4. 池田市民アアチュア無線クラブ(JH3YKV)は、今年もフィールドデーコンテストに参加しました
  5. A1 Club「第10回 Let’s A1コンテスト」
PAGE TOP