ソフトウェア

アマチュア無線業務日誌ソフトウェア「TurboHAMLOG」のVer5.26が公開

 浜田さん(JG1MOU)が作成/配布されているアマチュア無線業務日誌ソフトウェア「TurboHAMLOG」のサイトによると、同ソフトウェアのVer5.26が、7月30日に公開されたようです。

 なお、今回の変更点は、

  • 自動インストール(Thw526.exe)を7-ZipからZip形式に変えてみました。
  • 文字列置換や複合条件検索で、大きすぎるレコード番号が入らないように修正
  • 環境設定などのモーダルダイアログで、ヘルプにフォーカスが移らなかったのを修正しました。
  • JCC/GコードをQTHの頭文字検索で入力するとき、QTH一覧の左端の数字キーで選択すると、距離と方位が違ってしまうので修正。
  • QSOデータの圧縮バックアップで、一番古いバックアップが1つだけ残ってしまうので修正。
  • ヒットしたらJPEG画像表示で、Windowsの仕様により他の画像も拾ってしまうことがあるので修正。
  • ヒットしたらJPEG画像表示のフォルダ内に、プリフィックス2文字のフォルダを作成し、整理して置くこともアリとしました。詳しくは、環境設定の設定4でヘルプをご覧ください。
  • ヒットしたらJPEG画像表示で、日付やコールサインの逆順表示を加えました。
  • 複合条件検索において、全角文字や半角カタカナが含まれるADIFフィールドは、文字が化けるので出力しない選択を設けました。全角英数字のみの場合は半角英数字に変換して出力します。
  • 環境設定2でQSOデータの共有オープンを選択している場合は、データのインポート、日付時間順にソート、QSOデータの一括削除、データ項目の幅変更の操作で警告が出るようにしました。
  • FiveQSO.QSLで、同一QSLマネージャ経由で異なる局とQSOしている場合、用紙を分けて印刷できるように#Readk命令など修正
  • ワイルドカードサーチで’7*’のように数字で始まるコールサインをサーチするとDX扱いになってしまうので修正。Tnx JP7CZE
  • 氏名やQTH欄などの全角文字列を含めた検索では、ワイルドカードは\*,\?をやめて、半角の*と?、全角の*と?を使用することとしました。

となるそうです。

 詳しくは上記のリンク先をご覧ください。

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. CW送受信ソフトウェア「Digital Sound CW(DSC…
  2. N1MM Free Contest Logger Ver5.0.…
  3. cocoaModem 2.0
  4. TEN-TEC新型HF/50MHz帯トランシーバ「Eagle」の…
  5. LOG4DXバージョンアップ
  6. W-GR-1800Hの試用レポート
  7. Radio Contest Log(RTCL)のV4.1.8が公…
  8. USBIF4CW連携 for Logger32

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. 「N1MM Free Contest Logger」が日本国内のコンテストに対応
  2. 第1回ハムランド サマーコンテスト
  3. 北海道総合通信局がFRSとGMRSの電波監視を開始
  4. JARL福島県支部「CW講習会冬の陣」
  5. トンガ王国(A3)からの日本人の運用情報(続報)
PAGE TOP