非常通信

【スマトラ島沖地震関連】被災地への問い合わせは必要のない限り控えてください

力武OM(JJ1BDX)が、Charles Harpoleさん(K4VUD)から、The Daily DXのeditorであるBernic McClennyさん(W3UR)に送られ、Bernieさんから2004年12月30日0655UTCに再発信された情報の抄訳を掲載しておられます。
以下に内容を転載致します。

以下 Charles Harpole, K4VUD からのThe Daily DXのeditor, Bernic McClenny, W3URに送られ,Bernieから2004年12月30日0655UTCに再発信された情報の抄訳です.

(The Daily DX 経由 – The Daily DX は有償のDXing情報誌ですが,スマトラ島沖地震関連の情報に限って転載を認めています.)

この抄訳の転載は自由ですが,一切文章を編集せずに転載してください.

(抄訳: Kenji Rikitake, JJ1BDX)

「現在,被災地へ流れ込む(問い合わせの)安否関連および災害復旧情報(Health and Welfare Traffic,以下H&W) の量が大変多く,大きな問題になっています.アマチュア無線を含むすべての情報のチャンネルが,流れ込んでくる潜在的な H&Wで一杯になってしまいそうです.これらの地域への問い合わせは控えてください.この災害規模になると,被災地からの情報を出すだけに制限するのが最良です.

この広範囲な災害には,インド洋に展開する数百あるいは数千のアマチュア無線家をもってH&Wを取り扱う必要があります.仮にH&Wの取り扱いに参加される場合は,その旨十分に覚悟してください.取り扱うべき地域は非常に広いのです.特定の小さな地域に限るのは有効かもしれませんが,政府や軍隊の活動を邪魔しないように注意してください.被災地のアマチュア無線家はすでに最大限の努力をもって活動しており,現状ではこれ以上できることはないでしょう.

被災状況は大変深刻で,数ヶ月続くと思われます.」

追記:この件は、ARRLのサイトのニュースにも掲載されています。

7J3AOZ

7J3AOZ

投稿者の記事一覧

 「QRV now!」を運営している「Programmers Workshop」の代表をしています。アマチュア無線歴は37年、ただし、数年間のブランクが何度かあります。コールサインは7J3AOZ、米国のコールサインはKI4KKI、スリランカでアマチュア無線をした時のコールサインは4S7AQGでした。日本のアマチュア無線資格は第三級アマチュア無線技士、米国のアマチュア無線資格はジェネラル級です。

 座右の銘は「息抜きの合間に人生を送ろう」です。 

関連記事

  1. チリ大地震に関するアマチュア無線非常通信周波数は解除
  2. JARL「フィリピンで台風30号対応非常通信(7.095MHz)…
  3. JARL岡山県支部「非常通信シンポジウム」
  4. 【スマトラ島沖地震関連】More News of Radio A…
  5. 【スマトラ島沖地震関連】JARL関西/4S7グループ スリランカ…
  6. Amateur Community Asked to Give …
  7. 徳島新聞「自主防災組織にアマ無線開放 徳島大研究会、休眠機提供呼…
  8. 【スマトラ島沖地震関連】Andaman Islands Disa…

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. 北京オリンピック記念局 BT1OBの運用情報
  2. JARL「臨時総会のご案内」
  3. Ariss antenna cables on Columbus
  4. Three radio amateurs on next ISS crew
  5. JARL熊本県支部「2008年オール熊本コンテスト」
PAGE TOP