日本人海外運用

日本人によるパプアニューギニアからの運用情報

Pp-flag.png
NG3K Amateur Radio Contest/DX Pageによると、吉田OM(JA1NLX)は、12月1日~6日に、パプアニューギニアから運用を行うそうです。
なお、現地で使用するコールサインはP29VNX、運用する周波数帯は30~10m帯、モードは主にCWとの事ですが、SSBやRTTYの運用も行うとの事です。
詳しくは上記のリンク先をご覧ください。

関連記事

  1. 日本人によるTurks & Caicos諸島(VP5)…
  2. シンガポールからの日本人による運用情報
  3. ベトナムからの日本人の運用情報
  4. ピトケアン島からの日本人の運用情報(続報)
  5. パラオからの日本人の運用情報
  6. ギニア・ビサウ(J5)DXペディションチームの最新情報(続報)
  7. CQ WWコンテストにK5NAのオペレータとして朝生OM(JG3…
  8. 日本人による米国・フロリダ州からの運用情報

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. TurboHAMLOGのVer5.07bが公開
  2. Swaziland(3DA0)からのQRV情報
  3. N1MM Free Contest Logger Ver7.12.17
  4. 長野県諏訪郡富士見町(JCG #09011)からの運用情報
  5. JARL宮城県支部「JA7RL公開運用」
PAGE TOP