日本人海外運用

グレナダからの日本人の運用情報

StGeorgesGrenada2000.png
沼口OM(JH1ROJ)からの情報によると、吉村OM(JA1MZL、チームリーダー)、野村OM(JJ1LIB)、高橋OM(JN1RVS)、井上OM(JN3NFQ)、沼口OM(JH1ROJ)のチームが、11月21日の朝~29日の夕方(いずれも現地時間)にグレナダのグレナダ島より運用を行うそうです。
チームは11月20日の夜に現地に到着し、アンテナの設営が完了次第、運用を開始するとの事で、

現在、ライセンス発給当局と交渉を行っており、J3コールの発給を要請しています。コールが決まり次第、ホームページ(現在製作中)等でご連絡する予定です。

チーム全員、カリブより数々のぺディションを行って来ているメンバーですので、各バンド・モードとも適宜日本に向けた運用を中心に行います。CQ WW CWコンテスト期間中はコンテストにも一部参加する予定です。

との事です。
なお、運用する周波数帯/モードは160~10m帯のSSB、CW、デジタルモード、リニアアンプは500Wを2台と1kWを1台使用する予定との事で、

ClubLogに定期的にログをアップロードします。OQRSまたはSASEによるQSL発行を予定しており、LoTWには後日アップロードする予定です。
QSLマネージャーは昨年のPJ5J同様、JA1HGY間下さんが担当されます。

との事です。
TNX INFO JH1ROJ
Photo from Wikimedia Commons
追記:にっぽんDX愛好会(NDXA)のサイトによると、現地で使用するコールサインはJ34Jとなるようです。また、チームのWebサイトは、こちらになるようです。

関連記事

  1. グアムからの日本人の運用情報
  2. Lord Howeからの日本人のQRV
  3. T88YNとT88ASが運用を開始した模様
  4. マルタからの日本人による運用情報
  5. 日本人によるグアム(KH2)からの運用情報
  6. グアムからの日本人の運用情報
  7. バヌアツ共和国からの日本人の運用情報
  8. ドイツからの日本人の運用情報

新着記事

コメントには、必ずコールサイン、または実名の記入をお願いします。

Please fill in your call sign or name to comment.

過去のさまざまな記事

  1. Logger32のVer3.39.0がまもなくリリースされる模様
  2. Vertex Standard(YAESU)がデイトンで「VL-2000」を発表
  3. International Beacon Project Station OH2B Back on the Air
  4. 「ADXA NEWS SHEET 876号」に掲載されたDX情報が公開
  5. ICOM IC-7000
PAGE TOP