DX運用情報

DX運用情報

ブーペ島DXペディション(3Y0J)は2022年11月に実行される予定

先日お伝えしましたように、計画が再起動したブーペ島DXペディションチーム(現地で使用するコールサインは3Y0J)のサイトのニュースリリースによると、このDXペディションは、現在のところ2022年11月に実行される予定とのことです。...
DX運用情報

ケイマン諸島(ZF)からの運用情報

「DXWORLD.net」の記事によると、Peter M Gladyszさん(K8PGJ)は、8月15日〜21日に、イギリス領ケイマン諸島の、グランドケイマン島から運用を行うそうです。なお、現地で使用するコールサインはZF2PGとなるそう...
DX運用情報

ミッドウェー環礁からの運用は延期になった模様

「DXWORLD.net」の記事によると、2021年9月に予定されていた(ソース:DXMAPS.com)、ミッドウェイ環礁からの運用(現地で使用するコールサインはKH6VV/KH4)は、実行が延期になったようです。同記事によると、KH6V...
DX運用情報

ブーペ島DXペディション計画が再起動した模様

「DXWORLD.net」の記事によると、先日お伝えしましたように、チャーターした探検船「ブレイブハート号」がオーナーに売却されたため中止となったブーペ島DXペディション計画が、再起動した模様です。なお、同記事の日本語訳を、下記に掲載しま...
DX運用情報

Loick Cosandierさん(HB9HBY)によるリヒテンシュタイン公国からの運用はキャンセル

Loick Cosandierさん(HB9HBY)のFacebookへの投稿によると、Cosandierさんが、6月30日〜7月4日に予定していたリヒテンシュタイン公国(HB0)からの運用(DXWORD.netの記事はこちら)は、Cosa...
DX運用情報

マーケットリーフ(OJ0)からの50MHz帯の運用情報

「DXNews.com」の記事によると、DXCCのレアエンティティであるマーケットリーフ(OJ0)から、50MHz帯にフォーカスした運用が行われるそうです。同記事によると、運用はPertti Turunenさん(OG2M)によって行われる...
DX運用情報

スウェーデンの旧超長波送信局「Grimeton Radio」(SAQ)の運用情報

米国のアマチュア無線連盟であるARRLのサイトのニュースによると、スウェーデンの旧超長波送信局「Grimeton Radio」(コールサインはSAQ、世界遺産)に、現在も使用可能な形で保存されている高周波発電機方式火花送信機「Alexan...
DX運用情報

DXWORLD.net「[STILL ON] Bouvet 2023」

「DXWORLD.net」の記事によると、先日お伝えした、遠征に使用する予定の船舶「ブレイブハート」号がオーナーに売却されたことにより中止することが伝えられた、ノルウェーのブーペ島におけるDXペディション(3Y0J)ですが、実行される可能...
DX運用情報

ブーペ島DXペディション(3Y0J)は中止に

米国のアマチュア無線連盟であるARRL(American Radio Relay League)のサイトの記事によると、2023年に運用が予定されていた、ノルウェーのブーペ島におけるDXペディション(3Y0J)は、実行が中止されたそうです...